函館市不動産 函館不動産賃貸

函館市の不動産のことなら函館駅近くの「LIXIL不動産ショップ辰己商事」にお任せください。

不動産取引のポイント

不動産の売却

ご売却の希望条件をお聞かせください。買い替えの場合は、ご購入の希望条件もあわせてお聞かせください。

不動産の購入

ご希望の予算・地域・広さ・戸建か土地か等の条件をお聞かせください。

価格査定

住みかえはまず資金計画から。経験ゆたかな専門スタッフがお手持ちの不動産を綿密に調査。適正な検査を無料で実施します。

販売価格の決定

専門スタッフが市場動向に照らし、適正な売却価格をアドバイス。お客様との相談のうえで、販売価格を決定します。

一般媒介契約

複数の不動産会社に依頼でき、専任媒介契約に比べ窓口は広がりますが、それだけ対応等も複雑になります。

専任媒介契約

専任媒介契約とは、ある一定期間(3ヶ月)売却を1社だけに委託する制度で、依頼関係がしっかりしているため、売却活動の範囲を十分に広げて活動できます。

専属専任媒介契約

ある一定期間(3ヶ月)売却を1社だけに委託し、自ら発見した相手方と契約締結することは出来ません。

売却活動

広告や広範囲な情報ネットワークを駆使して集められた購入希望者の中から、あなたの売却希望物件に見合うお客様を探します。

ご希望物件の紹介

地域に密着した豊富な情報の中から、ご希望物件の検索と照会、現地のご案内など、経験ゆたかな専門スタッフが親身になって不動産の購入をお手伝いします。

住まいの法律・税金・登記アドバイス

不動産売買に関する法律・税金・登記などの様々な難しい問題に対し、提携弁護士、税理士、司法書士によるマンツーマンのアドバイスが受けられます。

売買契約

宅地建物取引主任者が立会い、売り主と買い主の間で売買契約を結びます。不動産取得税等の税金・法律関係のチェックも重要です。

住宅ローン

各金融機関との提携により、お客様に最適なローン商品をご案内できます。このほか、公的機関等の融資もご紹介いたします。

引越しサービス

引越しサービスとして提携業者をご利用いただければ費用 割引の特典が受けられ、同時に手間が省けて便利です。

確定申告アドバイス

不動産を売買した場合には、確定申告が必要となります。確定申告時に記載方法についてアドバイスいたします。

お引越しのワンポイント

新生活のスタートをスムーズに

引越しの2~3週間前までにすることは?

遠隔地健康保険証の申請(被扶養者) 転出届の提出

これが無いと転入届も提出できない。 地元の区役所・市町村役場で 貰っておくこと。 印鑑も必要なので持参することを忘れずに。 転出予定日の14日前から受け付けている。

引越しの1週間前までにすることは?

ガス開栓の予約

水道や電気は引越したその日から使えるが、ガスは、本人が立会いの上でガス栓を開けて貰わなければ使用できない。 新居地域のガス会社に引越し日を連絡し、時間を決めておくこと。 また、都市ガスかプロパンか、自分がこれから使うガス器具が部屋にあってるかどうかも確認を忘れずに。

電話加入権の購入

携帯電話のみの使用でしたら必要ありませんが、インターネット等の利用で新居に電話回線を新設する場合は近くのNTTで電話加入権を購入し工事の日程を決める。 電話を移転する場合には116番に連絡して、 氏名・新住所・引越し予定日を告げよう。

引越しの2~3日前までにすることは?

銀行口座の住所変更

通帳に登録した印鑑と通帳を持参して、口座を所有する支店で住所変更届を提出する。 口座を新居のそばの支店に移管する場合は、移管先に印鑑と通帳を持参して移管手続きを行う。

転送届の投函

旧住所に送られてきた郵便物を、新住所に転送してもらう便利な手続き。 郵便局の窓口にある転送届に必要事項を記入しポストに投函しておくこと、1年間、郵便局が自動的に郵便物を転送してくれます。

引越し後2週間以内にすることは?

転入届の提出

転出証明書と印鑑、それと新住所に住んでいることが証明できるもの(新居の契約書や郵便物など)を持って、新市区町村役場で手続きを行う。 転入後2週間以内に行わないと、場合によっては罰金の対象になるので注意。

運転免許証の住所変更

免許証と新住所を証明するもの(住民票・保険証など)を持参し、新住所管轄の警察署へ。 住所変更をしないままでいると、免許証の更新や再交付の手続きを、地元に帰って行わなければならないので注意しよう。

ページのトップへ戻る